書くことないです。

ayamadoriが独り言を呟く日記。

こんなこともやってます。(が、もはやあまりやる気は無かったりする)

【Nothing to release./携帯電話向けSoftware】

アクティベーション

潮風の消える海にアクティベーションについてユーザーの皆様にお知らせ
http://www.light.gr.jp/light/activation.htm

感想には書いてなかったけど、『潮風の消える海に』にはインターネットを介してインストール回数を3回に制限する機能がついてます。
それをユーザからの不満が多かったので制限をゆるくしますよ、という話。
個人的には不正利用はやはりよくないことだと思うし、アクティベーション自体が悪いことだとは思わない。
値段が安いソフトだからどうせ中古で売ってもたいした値段にならないし、プレイ時間も短いから3回もインストールできれば十分だと思ってた。
実際そんなに何回もゲームやるか?再インストールするか?僕自身今まで2回以上やったゲームは1つもないぞ。
こんなこと考えてたから、特に感想にはアクティベーションのことを書かなかった。このせいでゲームやるのに尻込みしてほしくないし。
まあでも公式サイト上で『インターネット接続環境必須』としか書かず、アクティベーションの説明をしてなかったのは確かによくない。
今回の事例をいい経験として、ゲーム会社などにはよりよい著作権管理システムを考えてほしいものです。
僕自身は、あまり実用化されてないけど、デジタルコンテンツは超流通(Superdistribution, http://sda.k.tsukuba-tech.ac.jp/SdA/index.html)を使って流通させるのがよいと思ってる。コンテンツの所有ではなく使用に料金をかけるこのシステムこそ、今は悪者呼ばわりされてるP2Pソフトの本領が発揮できるし。