書くことないです。

ayamadoriが独り言を呟く日記。

こんなこともやってます。(が、もはやあまりやる気は無かったりする)

【Nothing to release./携帯電話向けSoftware】

ef - a tale of memories. 第12話

最終回。
空気読みすぎなOPとEDに泣いた。
Aパートは落とし所としては非常に手堅かった。先週までの流れから考えても。でも良かった。
Bパートはベタ過ぎてなんだか笑ってしまった。でもここまで相当遊んできたから、最後だけは普通に終わるっていうのもアリだと思う。


とりあえず、全体を通して今期一番面白かったことは間違いない。それこそアニメの新しい可能性を感じることができたと思えるほど気に入ってる。
正直、シャフトの絵作りはギャグものよりもこういうシリアスなもののほうが合っているんじゃないかと思う。
評価はどうであれ、こういう挑戦的なアニメはこれからも出てきて欲しい。主流にならなくてもいいから。