書くことないです。

ayamadoriが独り言を呟く日記。

こんなこともやってます。(が、もはやあまりやる気は無かったりする)

【Nothing to release./携帯電話向けSoftware】

『群青の空を越えて -Gefrorenes Ideal-』読了。

群青の空を越えて -Gefrorenes Ideal-

群青の空を越えて -Gefrorenes Ideal-


ゲーム『群青の空を越えて』のノベライズ。
事前にもう1度ゲームやり直したり、以前読んだファンブックを見返しておいたほうがよかったかなあと思わなくもない。

例によって、ほんっと盛り上がらないな(笑)
ゲーム本編では戦闘シーンの一番おいしいところをことごとくカットしてたからだけど、小説の場合はそもそも舞台が開戦直前で、まったく戦闘してないよwま、そこが良いところなんだけど。下手に感動してしまうと思考停止状態になってしまうからね。
ゲーム本編では出てこなかった諒や美樹の本心がよくわかって面白かった。みんなが真剣に考えて、それぞれ正しいと思うことをしたにもかかわらず、誰も望まない結末になってしまうのはやはりどうしようもないのだろうか。・゚・(ノ∀`)・゚・。難しい。
それに対してプロローグとエピローグの戦後の話は若干蛇足の感が無くもない。せっかくゲーム本編でああいう終わらせ方をしたんだから*1、ここで書く必要は無かったのでは?

*1:そして個人的にはそれを気に入っている