書くことないです。

ayamadoriが独り言を呟く日記。

こんなこともやってます。(が、もはやあまりやる気は無かったりする)

【Nothing to release./携帯電話向けSoftware】

ef - a tale of memories. 第2話

このアクの強さは好き嫌いがわかれそうだ。個人的には好きだけど。
1話のときよりさらに演出が上手くはまってたと思う。特に最後のシーン>ED*1への流れが良い。EDも疾走感のある曲とうまくシンクロしてた。ああいう淡色のアニメを作るのってGONZOくらいかと思ってたんだけど、シャフトもなのね。他の作品ほとんど見てないから知らんかった。
というか演出全体がシャフトの味?ギャルゲー原作のアニメは、本来はキャラを見せるために寄らなきゃいけないはずなのに、あえて引きのカットが多いのも好み。空きれいだし。多分作画の省力化にもつながってるんじゃないだろうか(笑)
シナリオもだいたい分かってきた。何も進んでないことが(笑)2話のEDに本来OPとなるべきものを持ってきたってことは、ここまでがプロローグ的なもので、3話から本格的にシナリオが動くんだろう。最後に重要なこと言ってたし*2

*1:本来はOPのはず

*2:ありがちといえばありがちな話だけど